ふくろう 塾 徒然草: 徒然草

地方から難関大合格を実現すべく、個別指導を中心に奮闘している山形市の学習塾、進学塾です。 ミネルバの梟の役割を果たせたらと思っています。

No. スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No.89 大学合格速報 第2弾
国公立大学の合格発表も間もなくですが私立大学合格の知らせが届き始めました本当におめでとうございます.
一クラス5名の小さな塾ですが、皆さん本当によく頑張ってくれて塾冥利に尽きます.

日本大学        生物資源科学部 
法政大学        経済学部 経済学科
東北福祉大学     教育学部
日本大学        工学部 土木工学科
東京女子大             現代教養学部
津田塾大                 学芸学部 国際関係学科
駒澤大学                 文学部
東北芸術工科大学   建築・環境デザイン





スポンサーサイト
No.88 「春期講習」のご案内
今年度も「春期講習会のご案内」が遅くなってしまい大変申し訳ありません.
いつも、授業に全力を尽くすあまり、お知らせが遅くなってしまいます.

塾生の方が優先ですが、講習のみの参加も可能です.「桜田進学塾 庄司」の授業をぜひご体験ください.
勉強への取り組み方が変わります!

詳しくは 「春期講習のご案内」をご覧ください.
電話(023-623-6032)メールでお気軽にお問い合わせください.
(電話でのお問い合わせは、不在の時でも長めにコールいただけば、携帯に転送されます

No.78 「算数・数学チャレンジ in やまがた」 と 塾生たち

算数・数学の楽しみ

夏休み中なので、希望者には、「算数・数学チャレンジ in 山形」の過去問に取り組んでもらいます.

数学の得意な子も苦手な子も、みんな熱心に取り組んでいます.

特別な知識や受験技術を必要としない「良問」ぞろいなので、難問にもかかわらず皆さん楽しんで、時間も忘れて取り組んでいます.

難しめの良問を指導していて、改めて「ゆとり教育」時代のことを思い出しました.

難しいからと言って程度を下げては、勉強の面白さも失われてしまいます.

数学も、単なる計算練習に成り下がってしまいます.

難しめの良問を苦労して解いてこそ、充実感が得られます.

自力で解いたお子さんにとっては、まさに「発見」であり「大発明」なのだと思います.

適切な指導と励ましがあれば、数学の苦手なお子さんでさえ、真剣に取り組んでいます.

このブログを作った時の初心を改めて肝に銘じ、日々の授業に臨もうと思います.

No.83 大学合格速報
大学合格の報告が届き始めました.小さな塾ですが、今年もみなさん頑張ってくれました.
  • 東京外語大学 国際社会学部
  • 山形大学 工学部電気電子学科
  • 芝浦工業大学 工学部電気工学科
  • 岩手医科大学 薬学部
  • 斉生館高等看護学院
  • 金沢工業大学 工学部
  • 千葉工業大学
  • 関西外語大学 国際英語学部
No.68 春期講習を終えて
長かった春期講習が終わりました.全力を尽くしきり疲労が残ってしまいました.
塾の様子や、春期講習を通じて思ったことなど、書きたいことは沢山あるのですが、いつもの通り
更新が遅れてしまいます.

今年の高校の数学課題は大変興味深いものでした.

ある高校の3年の課題は、自分の志望大学の過去問を解いてみることでした.
これは大変有効で、今後の勉強に生かされることと思います.
ほとんどの高3生は、実際の入試問題にはまだ歯が立たないと思いますが、早めに自分の志望大学の
難易度や、問題の傾向を知ることは大切です.

また、別の高校の自主課題は10年前の主要大学の文系数学問題を解いてみようというものでした.
これも極めて有効だと思います.
 ただ 10年前(2004年度)の東大の問題は、当時の月刊「大学への数学」のコメントに
「得点のしにくさでは`史上最難`といえるほど…」とあるほど難しいもでした.
特に第1問と第2問はいかにも解けそうに見えて手を付けると泥沼にはまってしまいそうな問題です.
高校が渡した模範解答も、大数の解答もわかりにくく、また計算も大変です.
本番の時間内に完答するには無理があると思います.
「春期講習」ではもう少し工夫をして現実的な解法を示しました.
詳しくは後ほど「数学 千夜一夜」で解説しようと思っています.
要点のみを示せば、
第1問に関して、 点Pが原点になるように平行移動して考えると問題がかなり単純化されます.
第2問に関して、どの解答も「線形計画法」の問題として解いています.
そのため接線の傾きでの場合分けが必要になり複雑です.
むしろ 原則に戻って「一文字消去」に依ったほうが接戦による場合分けも不要で簡単です.

No.58 保護者の方からのお話.
最近、保護者の方から、立て続けにうれしいお話を伺いました.

一つは、「よその塾から、「桜田進学塾 庄司」を紹介されました.」ということが、2件ほどあり、入塾いただきました.
どこの塾の方か、面識もないのに、本当にありがたいことです.

長年、一生懸命、誠意をもってやってきたことが報われた思いです.
これからも、ただひたすらに塾生の皆さんに向かい合いたいと思います.


もうお一人からは、「子供の勉強に対する心構えが変わった.子供に、もっと早くから桜田進学塾に行きたかったといわれました」と言っていただきました
これこそ、桜田進学塾が目指すものです.

強制されたり、受け身の消極的な勉強では、限界があります.
勉強を強制されたり、宿題を強制される勉強では、目先の成績はある程度とれるかもしれませんがすぐに限界が来ます.強制される勉強では、せいぜいやらないよりはましという程度です.

桜田進学塾 庄司」では、原則として宿題は出しません.
強制ではなく、自主的な勉強でなければ本当の実力はつかないからです.
いつも、「なぜ勉強するのか」を一人一人に考え納得してもらうよう努力しています.

別の機会に、勉強方法、勉強時間、問題集の選び方、使い方などを書いてみたいと思っています.
(なかなか、時間がないので書く意欲はあるのですが… 書くよう努力します)

No.54 Yahoo,Google 検索とSEO
2005年11月の記事「Google検索に上位ランクイン、なぜだ??」以来、少しずつホームページ「桜田進学塾 庄司」の更新、改良をしてきました。  夕べ、「進学塾」のキーワードで検索したら、なんとYahooでも上位にランクされていました!!
  • Yahoo -- 245,000件中 「7位(最高5位)」
  • Google -- 604,000件中 「8位(最高6位)」
  • MSN -- 113,304件中 「160位     」
これまで、Googleでは上位にランクされても、Yahooではなかなか上位にランクされませんでした。サイトが検索上位にランクされるように、自分なりに研究はしています。しかし、上位にランクされる決定的理由はまだはっきりしません。何しろまったく費用をかけず、ワープロでホームページを作っているだけですから?  ちなみに「SEO」でGoogle検索してみると、182,000,000 件もヒットします。皆さんが、いかに「SEO」に苦労されているかがうかがえます。  素人の自分がなぜこれだけ検索上位を実現できたのか? 自分なりの考えがまとまったら後ほど報告したいと思います。
No.53 取材を受けました。うれしいな!(^^♪

朝日新聞山形南部発行のASAのおたよりの取材を受けました。

なんと、5月1日の「ASAのおたより」に写真つきで1ページ分も載せていただきました。

大変よく書いていただき、面映い気がします。ゴールデンウイークの真っ最中にもかかわらず。反響の大きさに驚いています。

すべての塾生を、私が直接指導することを、塾の方針としているため、これまで、折込チラシなどでたくさんの塾生を募集することができませんでした。

しかし、もっと私の塾のことや、指導方針、実績を知って欲しいとの悩みも持ち続けてきました。

今回、記事にしていただきその効果に驚くともに、今後チラシなどによる募集を行うべきか本当に悩みます。

授業の質を落とすことなく、もっと広く塾のことを知ってもらう何かよい方法はないものでしょうか?

No.46 三日坊主の危機
忙しさにかまけ、ずいぶん長いこと、ホームページやブログ(「桜田進学塾 庄司」・「数学 千夜一夜」)の更新ができませんでした。  それにしても、文章を書くのは難しいし、まして、数学の数式をコンピュータ上で書くのは、本当に大変です。  これまで何度も訪問してくれた皆さん、本当に申し訳ありませんでした。これからはもう少し頻繁に更新するよう努めようと思います。
No.45 パーフェクト

うれしい悲鳴!

初めての試みとして、各教科100点をとった人と学年で1番をとった人にささやかな記念品を贈ることにしました。始めて、まだ半年ほどしかたっていませんが、100点をとった人が、6人(中学生)、学年で1番をとった人が3人(中学生、高校生)とうれしい限りです。一クラス6人の小規模の塾としては驚異的な結果だと思います。塾生の皆さんが努力し、よい結果を残してくれるのは何より嬉しいのですが、毎回記念品に何を贈るかに悩んでいます。なんとも贅沢な悩みで、こんな悩みなら大歓迎というべきかも知れませんね (^。^)

私は、「勉強を物や景品で釣るようなことはすべきでないし、賞品などでいたずらに競争心をあおるようなこともすべきでない」と考えています。

それにも関わらず、今回記念品を贈ることにしたのは、



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。